葬儀の喪主を決める

葬儀をするとなった時に、忘れてはならないのが喪主の存在です。葬儀に関するさまざまなことを決めていく存在が喪主です。もし親族が亡くなった場合誰が務めるのかに関しては、事前に話し合って決めておくと、急に葬儀を行わなければいけなくなったときにもスムーズに準備が進められます。

喪主を決めるとなった場合には、亡くなった方と一番親しい関係の人が務めることになるのが一般的な流れです。そのため、もし故人に配偶者がいた場合には配偶者が務めることが多いです。配偶者の次になる可能性が高いのが故人の子供です。子供が複数居た場合には、長男が務めることが多いです。子供に女性しかいない場合には長女が務めることが多いでしょう。亡くなった方の家庭によって、家族構成はまったく変わってくるので誰が喪主を務めるのかは家庭によってさまざまです。いざという時のために、誰が喪主を務めるのかをある程度家族内で決めておきましょう。

場合によっては、未成年が葬儀の喪主を務めるケースが存在します。そのような場合は未成年の喪主に親族の一人が後継人として就くことになります。このケースの場合、実質喪主としての仕事などをしていくのは後継人の方になることもあります。また、喪主というのは誰が絶対になるべきというような決まりなどはありません。なので、配偶者が居た場合でも子供が喪主を務める場合もありますしケースバイケースです。亡くなった方がいる場合、葬儀が終わったあとも、法要などを主催しなければいけない場面が出てきます。そのため、長く供養をしていくことをできる人物が喪主を務めるということも意識していくようにしましょう。

葬儀の打ち合わせからその後の供養まで、幅広い役割を担うことになるのが喪主です。故人を供養していく上では欠かせないので、もし家族が亡くなったら誰が喪主を務めるのかを決めておきます。亡くなった身内が出た際にも、葬儀の打ち合わせや準備などをスムーズに進めていくことができるような状態を早めに作っておくことが大切です。喪主がスムーズに決まると、急な家族とのお別れにも素早く対応していくことができるのではないでしょうか。